Top > サポート > 左之助

サポート/左之助

Last-modified: 2013-03-30 (土) 15:49:08

相楽左之助 Edit

キャラ解説 Edit

作品るろうに剣心
キャラ説明元赤報隊の生き残り。大政奉還の後ケンカに明け暮れ「ケンカ屋の斬左」として裏社会を生きてきた。
維新政府を憎み、その片割れだった剣心と決闘し、敗北。その後勝手に神谷道場に出入りするようになり、薫の頭を悩ませている。
数々の戦いの末、家族を助けるべく政府高官に立ち向かった事でお尋ね者となり外国へ逃亡し、
その後アメリカ・ヨーロッパ・アラビアを経由しモンゴルで馬賊になる。
ヘルプコマ突撃

コマの形 Edit

□ 台詞:喧嘩屋の斬左だ

□□ 台詞:俺は負けねェ

特徴 Edit

2コマ 斬馬刀(力属性 1HIT/24ダメージ/弱メテオ/打撃) Edit

山形に攻撃するので当てやすく、威力も高く、攻撃範囲も広めの使いやすいサポート技。
刀による攻撃だが、切れ味が悪く、叩きつけるように用いるせいか斬撃ではなく打撃扱いになっている。
空中発動可能+メテオ属性付きなので、色々と応用が利く。
下に叩き落とす力はそれほど強くないので、相手キャラと場合によっては
命中しても空中ジャンプで復帰してくる可能性があるので油断しないようにしよう。

サポート/弥彦2コマとどちらを使うか悩むところだが、特殊効果とメテオ重視なら弥彦2コマ。
単純な威力と命中率重視ならこちらを使うといいだろう

最新の30件を表示しています。 コメントページを参照

  • 壁復帰中の悪あがきに最適、背後の壁の状態によって左之助の軌道が変わるのも面白い -- 2007-01-22 (月) 18:04:36
  • サドンデスで落とされる瞬間使って逆転したことがある -- 2007-02-28 (水) 19:02:01
  • 復活阻止する連中にこれを食らわせて復活可能 -- 2007-05-20 (日) 15:39:38
  • ジャガー5必A→左之助→繰り返し -- 2007-06-01 (金) 10:39:22
  • ヒバリ3コマにつかまっても、これで消せる。 -- 2007-06-26 (火) 16:23:11
  • 弥彦や神田と違って縦2だからスペースの関係でよく入れる。空中発動可はいいね -- 2007-08-12 (日) 04:47:52
  • 意外とコンボにもつかえる -- 2007-09-30 (日) 13:00:59
  • 剣心タッチ→比叡タッチ→桃タッチ→これタッチ→剣心タッチ -- 2007-10-02 (火) 11:26:10
  • パンツやシャワーに打って付け!!・・・でも使いすぎは厳禁。 -- 2007-10-02 (火) 17:58:29
  • 確かに -- 2007-10-04 (木) 23:43:57
  • アレンやルキアで無限浮遊してるやつらに面白いほどあたる -- 2007-10-05 (金) 11:09:26
  • ピッコロ 弱>6弱>左之助発動>強 --  ? 2007-11-04 (日) 21:10:03
  • 相手を浮かせて使うと爽快ですね。アレンのYとかネウロのYとか。 -- 2007-11-25 (日) 13:43:17
  • 空中発動可能で復帰にも便利、逃げる相手にも当てやすくさらに2コマという良サポ -- 2008-04-24 (木) 00:55:28
お名前: URL B I U SIZE Black Maroon Green Olive Navy Purple Teal Gray Silver Red Lime Yellow Blue Fuchsia Aqua White

3コマ 三重の極み(力属性 3HIT/38ダメージ/ガード不能/打撃+耐性無視) Edit

前作から性能が変わり、出が遅くなった変わりにガード不能になった。
ダメージ内訳は打撃10ダメージ×2と耐性無視18ダメージ(「見切り」による軽減は受ける)。
ヒット時は横に大きく吹き飛ぶ。

最新の30件を表示しています。 コメントページを参照

  • 剣心5の屑竜泉とあわせて使うと 成功したらカッコよくふっとぶ。失敗すると・・中途半端になる -- 2007-12-20 (木) 12:54:06
  • 剣心の6コマの必Aとあわせて使います -- 2009-03-23 (月) 18:24:18
  • ガンバリオンが三重の極みにした理由がコメントで何となくわかった。 -- [[ ]] 2009-04-03 (金) 15:27:40
  • これは問題ないな。固め以外 -- 2010-06-25 (金) 20:20:41
  • フタエノキワミ、アッー! -- 2011-12-03 (土) 23:32:27
お名前: